早期発見をして、軽度な症状のまま治療をしよう

医者

うつ病の取り組み

慎重に治療に取り組もう

うつ病になってしまったら自分でも言動が把握できないくらい精神障害をきたしてしまうこともあります。ですからうつ病になったときには自己判断はしないほうが良いとも言われています。うつになってしまったかもと疑うようになったら早めに病院に行くようにしましょう。出来れば心療内科などにかかるのが良いでしょう。そこからまた別の科を紹介されることもあります。 治療に関しては人によって治療法が異なりますので必ず専門医の指示には従うようにしてください。独断と偏見で勝手に薬を辞めたりするのは厳禁です。一見症状が緩和されたように感じたとしてもまだうつ病から抜け出せてないこともありますから、専門医の指導にはきちんと従いましょう。

うつ病は甘くみてはいけない

誰でもうつになることはあったとしてもうつ病にはなりません。うつ病は神経障害をきたしている状態でもありますから正常な判断を行うことが出来ないこともあります。ですから治療をする必要があるのです。 うつ病も度合いによって治療の仕方が変わってくるのですが、社会復帰できないくらいに症状が悪化してしまうこともあるのです。そういう場合はサポートしてくれる人が近くに居れば良いのですが、もしいない場合は自立支援の制度などを利用してみるのも良いでしょう。うつ病と診断されれば自立支援制度で治療費負担が軽くなりますので、生活の負担も軽くすることが出来ます。生活できない場合にはお住いの区役所に相談しに行くことをオススメします。

Menu