早期発見をして、軽度な症状のまま治療をしよう

医者

うつ病にかかる費用

うつ病の公費負担制度による治療

最近ストレス社会において増えてきているうつ病は、一度患うと、長期的な治療を要する。 その治療方法としては通院して対話療法と薬物療法。 また、入院などして一事休養することによる治療。 そして作業療法や集団療法などの軽作業を通したリハビリなど対処療法が施される。 そのため、うつ病を治療するには医療費がかかる。 幸いのことに就労中にうつ病になった場合は、就労を続けながら治療ができるが、重い場合には、入院や就労を一時休んだり、辞めたりする場合もあるだろう。 その場合に一般的には健康保険では3割の負担であるので、相当医療費がかかる。 だが、うつ病等の精神疾患の場合、医療費の公費負担制度というものが国で認められている。 そして自立支援法というもので、医療費の上限額が定められている。 その場合障害認定まで受けなくとも医療費の負担だけ求めることもでき、その場合国から助成され一割の負担で通院や薬などの医療費の負担でうつ病の治療を受けられる場合がある。

その医療費の負担はどれくらいか

うつ病の治療にあたり、公費負担制度を利用した場合、通常の医療費の一割にはなるわけであるが、収入の額に応じて自立支援法という制度の下、医療費の上限額が定められている。 年収が少ないものは上限額も少なく年収が高いものは上限額も高い。 そしてうつ病の治療は、医師の指示である診断書の元、様々な種類を選択でき、その自立支援医療費の上限額の医療費で、受けたいものを受けることができる。 通院で対話療法は時間により大体5000円から10000円の一割程度。 薬はどんな薬を使うかで相当金額に差が出るが、薬価の個数分の一割程度。 心がめいっているときに少し楽しんだり、軽作業でトレーニング等する作業療法などの対処療法なども大体一日5000円から10000円程度の一割程度。 そして上限額は所得ではなく収入の額に応じた上限額である。 それ以上かからないのである。 死にたいと思うほど苦しみや悩みを我慢するよりも、医療費の負担は少なくて済む場合がある。 病院へ行きづらいと感じている原因がお金の問題だけなら、うつ病は治療を受けたほうが命が救われる場合もある。

Menu