早期発見をして、軽度な症状のまま治療をしよう

医者

うつ病の治療方法

うつ病の全く新しい治療方法とは

現在多くの人がうつ病にかかり、うつ病予備軍も多いと言われています。 ある調査によるとうつ病にかかった人の再発率は実に80%と言われており、一度かかってしまうと再発率の高い病気であると言えます。 従来の治療法は医師の指示のもと、自分に合った1種類の薬を飲み続ける抗うつ薬による治療が一般的で、この抗うつ剤の服用と十分な休養というのが治療の柱になっています。 最近注目を集めているのが全く新しい治療法で、TMSと呼ばれています。 これは反復性経頭蓋磁気刺激というもので、医療先進国であるアメリカからやってきた治療法です。 簡単に言うと、磁気を用いて脳の特定の部分に働きかけ、血行を改善して低下した機能を元に戻す方法です。

副作用のない安全性が魅力

うつ病発症のメカニズムは実はまだはっきりと解明されていませんが、強いストレスや性格的な問題、遺伝要因があると言われています。 これらの影響で脳の神経伝達物質が乱れ、脳の血流が代謝が衰えたりすることで様々なうつ症状を引き起こすと考えられています。 以前は精神疾患と考えられていたうつ病ですが、現在は機械による脳の血液量の測定などによるデーターから脳の機能障害であることがわかっています。 脳のうち特に判断、意欲、興味をつかさどる背外側前頭野の血流の流れが明らかに低下し、逆に不安、悲しみ、自己嫌悪、恐怖などを司る偏桃体が興奮状態に陥ることによってうつ病の症状がでます。 背外側前頭野への磁気刺激により血流を増加させることで二次的に偏桃体の興奮を抑えます。 もっともメリットがあるのは副作用がほとんどないということです。 費用は100万円前後と高めですが、治療期間が約1か月半と短期間で結果が出ることも魅力です。

現代人におおい病気といえば

現代人の多くが抱えているのがストレスの悩みです。仕事をはじめとして人間関係や夫婦関係など多くの人がそうした悩みを抱えて、それでストレスを抱いているものなのです。 ストレスというのはとてもいろいろな病気の原因になります。 そのために大きな病気のトラブルを巻き起こしてしまうというようなことになってしまったりするものですので、なるべく健康でいたいというようなことを考えているのならば、そうしたストレスをため込まないというような常日頃の生活が大切になってきているわけなのです。 また、ストレスをためてしまうとうつ病などになってしまうというようなことがあります。 うつ病は非常に怖い病気なので注意が必要になっているのでしょう。

一番の治療方法といえば

うつ病の治療としては第一に、そうしたストレスをため込まないというようなことが大切なのですが、しかしストレスというのはため込まないようにしようとしてもどうしようもないというようなことがあるでしょう。 ですから仕事を何とか楽なものにしてもらうよう頼み込むことや、楽になるための工夫をすることによってストレスをなるべく軽減をするようにしなければなりません。 うつ病の治療としてはそうしたストレスをためず発散をするということが一番です。治療方法としては素人でも簡単に行うことができますので、ストレスに関して注意をしましょう。 うつ病にはほかにも投薬などの治療法もありますので、そうしたもので悩んでいるときには一度調べたりすると良いかもしれません。

Menu